身体の内側から健康になれる三宮のホットヨガ

ホットヨガは室温の高いトレーニングルームで行うヨガで、発汗を促進することによって新陳代謝のアップやデトックスを目指します。通常、室温は39度前後、湿度は60%前後です。またヨガには、様々なポーズがあります。これらの独特なポーズは激しい動きを伴いませんが、大量の汗が出て、余分な脂肪が燃焼されます。続けていると、少しずつ筋力も上がってきます。しかしそれが目的ではありません。インナーマッスルを鍛えて、身体の内側から健康になることがゴールです。初心者の中には大量の汗をかくので不安になる人もいますが、これまで低かった基礎代謝が改善されている証拠なので、心配はありません。三宮には専門のインストラクターが複数いるため、安心です。気になることはすぐに相談できます。尚、トレーニングをする際は、バスタオルを複数用意しておくと便利です。

有酸素運動なので生活習慣病の予防にもなる

三宮のホットヨガのトレーニングルームは、体温が上昇するために最適の環境を整えています。実は激しい運動より、ゆったりした動きを続ける方が、内臓などの体内温度は上昇します。特に現代人は、気温の上昇に適応しにくいと言われ、冷え症の女性も多くいます。しかしこのヨガを続けることで、本来身体に備わっている体温調整の機能が甦ります。更年期障害特有の諸症状の緩和にも有効です。そしてヨガは、筋肉トレーニングのような無酸素運動ではなく有酸素運動です。そのため、血圧が高めの人でも行えます。また、筋肉組織が柔軟になるため血液の流れも改善されて、動脈硬化などの生活習慣病の予防にもなります。ただし現在、心臓や腎臓の持病がある人は、念のため医師に相談しておくと安心です。

ストレスが多い人に役立つ呼吸法

三宮のホットヨガで行われている様々なポーズは、一般的なスタジオヨガのように複雑すぎないため、初心者でも安心して行えます。また自分のペースで身体を動かしますので、水分補給が追いつかずに脱水状態になってしまう心配もありません。途中で休憩したい場合には、自由に休めます。ポーズだけでなく、インストラクターから複数の呼吸法も習います。初めはわかりやすい腹式呼吸から始めます。まず鼻で息を吸い、お腹を膨らませます。そしてお腹から息を吐き出すイメージで、ゆっくり息を吐きます。日常行っている胸式呼吸では交感神経が刺激を受けますが、この腹式呼吸は副交感神経を活発にするため、緊張が取れて気持ちが穏やかになります。そのため特に普段からストレスが多い人に役立ちます。